多くの社員から「ChatGPTを利用したい」という要望が上がっていました。

多くの社員から「ChatGPTを利用したい」という要望が上がっていました。

多くの社員から「ChatGPTを利用したい」という要望が上がっていました。

■ChatGPT研修の導入検討までの背景は何でしょうか?

■ChatGPT研修の導入検討までの背景は何でしょうか?

■ChatGPT研修の導入検討までの背景は何でしょうか?

名古屋鉄道本社やグループ会社で、生成AIへの注目度が増しており、多くの社員から「ChatGPTを利用したい」という要望が上がってきました。


そこで2023年7月に、社内でChatGPTを利用できる環境として「exaBase」を導入しました。選定基準は2つで「セキュリティ」と「スピード感」です。


セキュリティ面では、ユーザーの入力情報が学習データとしても使用されない点や、ユーザ単位で利用状況がわかる点に安心感がありました。スピード感では、コストが比較的安価であり、導入の意思決定がしやすいものでした。 


導入後、ChatGPTを利用したいと希望した人にアカウントを付与しました。本社だけでなくグループ会社も巻き込み、また職位としても現場・マネージャ層・役員層まで幅広く展開し、200名程度にアカウントを付与してスタートしました。


ChatGPTの利用促進のため、Googleスプレッドシート上で「利用実績シート」を作成しました。「誰が」「どのような目的で」「どれだけの効果を上げたのか」がリアルタイムでわかり、会社全体でのChatGPT活用状況を可視化することができました。また優秀な活用方法の表彰や、ビジネスチャット上での情報共有なども行いました。

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

「社内でChatGPTに詳しい人がおらず、素人だけで使っているのでは」という課題感がありました。

「社内でChatGPTに詳しい人がおらず、素人だけで使っているのでは」という課題感がありました。

「社内でChatGPTに詳しい人がおらず、素人だけで使っているのでは」という課題感がありました。

■どのような課題を抱えていたのでしょうか?

■どのような課題を抱えていたのでしょうか?

■どのような課題を抱えていたのでしょうか?

導入は順調に進んだものの、一方で「社内でChatGPTに詳しい人がおらず、素人だけで使っているのでは」という課題感がありました。


私自身もChatGPTを利用して数ヶ月で担当にアサインされましたがそこまで詳しい状況でもなく、生成AIやプロンプトエンジニアリングの知見をもつ人間は社内にはなかなかいません。また、他企業での事例や、最新のニュース・トレンドなども積極的に学びたいというニーズもありました。


そこで、上記のような活用促進と並行して、本社・グループ会社の中でもChatGPT活用の核になりえるメンバーを20名程度選抜したグループ研修を企画しました。

■当社にご依頼された理由は何でしょうか?

■当社にご依頼された理由は何でしょうか?

■当社にご依頼された理由は何でしょうか?

研修の依頼先の選定基準は大きく2つです。


1つは「当社のカルチャーに合いそうか(突飛すぎず、堅苦しぎず)」です。名古屋鉄道は伝統的な企業でもあるので、あまり先端的すぎる人や変わった方だと相性が悪いという懸念がありました。一方で、堅苦しすぎて新しい気付きや発想が浮かばないと研修の意味がありません。そんな中、池田さんは絶妙なバランスで相性がよいと判断しました。


また2つ目は「ChatGPTのビジネス活用経験があるか」です。研修は「参加者が自分たちの業務でChatGPTをもっと使える状態を作る」ことでしたので、学術的な話やテクノロジーの話ではなく、ビジネス現場でChatGPT・生成AIを実際に活用されている方がよいと思っていました。池田さんはYouTubeや書籍でもご自身の活用経験を多数発信されており、自らの業務に実際に活用しているという実績があり、その点も魅力的でした。

研修の依頼先の選定基準は大きく2つです。


1つは「当社のカルチャーに合いそうか」です。名古屋鉄道は伝統的な企業でもあるので、あまり先端的すぎる人や変わった方だと相性が悪いという懸念がありました。一方で、堅苦しすぎて新しい気付きや発想が浮かばないと研修の意味がありません。そんな中、池田さんは絶妙なバランスで相性がよいと判断しました。


また2つ目は「ChatGPTのビジネス活用経験があるか」です。研修は「参加者が自分たちの業務でChatGPTをもっと使える状態を作る」ことでしたので、学術的な話やテクノロジーの話ではなく、ビジネス現場でChatGPT・生成AIを実際に活用されている方がよいと思っていました。池田さんはYouTubeや書籍でもご自身の活用経験を多数発信されており、自らの業務に実際に活用しているという実績があり、その点も魅力的でした。

研修の依頼先の選定基準は大きく2つです。


1つは「当社のカルチャーに合いそうか」です。名古屋鉄道は伝統的な企業でもあるので、あまり先端的すぎる人や変わった方だと相性が悪いという懸念がありました。一方で、堅苦しすぎて新しい気付きや発想が浮かばないと研修の意味がありません。そんな中、池田さんは絶妙なバランスで相性がよいと判断しました。


また2つ目は「ChatGPTのビジネス活用経験があるか」です。研修は「参加者が自分たちの業務でChatGPTをもっと使える状態を作る」ことでしたので、学術的な話やテクノロジーの話ではなく、ビジネス現場でChatGPT・生成AIを実際に活用されている方がよいと思っていました。池田さんはYouTubeや書籍でもご自身の活用経験を多数発信されており、自らの業務に実際に活用しているという実績があり、その点も魅力的でした。

研修の依頼先の選定基準は大きく2つです。


1つは「当社のカルチャーに合いそうか」です。名古屋鉄道は伝統的な企業でもあるので、あまり先端的すぎる人や変わった方だと相性が悪いという懸念がありました。一方で、堅苦しすぎて新しい気付きや発想が浮かばないと研修の意味がありません。そんな中、池田さんは絶妙なバランスで相性がよいと判断しました。


また2つ目は「ChatGPTのビジネス活用経験があるか」です。研修は「参加者が自分たちの業務でChatGPTをもっと使える状態を作る」ことでしたので、学術的な話やテクノロジーの話ではなく、ビジネス現場でChatGPT・生成AIを実際に活用されている方がよいと思っていました。池田さんはYouTubeや書籍でもご自身の活用経験を多数発信されており、自らの業務に実際に活用しているという実績があり、その点も魅力的でした。

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

参加者全員が「業務に役立つ」と回答。非常に有意義な研修であったと思います。

参加者全員が「業務に役立つ」と回答。非常に有意義な研修であったと思います。

参加者全員が「業務に役立つ」と回答。非常に有意義な研修であったと思います。

■研修の印象はどうでしたか?

■研修の印象はどうでしたか?

■研修の印象はどうでしたか?

今回の研修は非常に有意義であったと思っています。参加した社員はChatGPTに関する知識・経験もバラバラでしたが、研修を経てほとんどの社員がChatGPTの活用方法やテクニックを理解し、実際の業務で活用することができました。


参加者からのアンケート結果でも、全員が「今後の業務に役立つ(非常に役立つ)」と回答しており、事務局としてもホッとしました。

実際の成果として、参加者の担当業務で30%削減できた事例など、様々な業務効率化の成功事例が生まれました。

実際の成果として、参加者の担当業務で30%削減できた事例など、様々な業務効率化の成功事例が生まれました。

実際の成果として、参加者の担当業務で30%削減できた事例など、様々な業務効率化の成功事例が生まれました。

■研修の効果は感じられましたか?

■研修の効果は感じられましたか?

■研修の効果は感じられましたか?

研修の成果として、参加者からあげられた内容は大きく5つとなります。


1.ChatGPTの基本的な知識・技術

2.業務プロ説におけるChatGPTの活用価値

3.他社の生成AI活用事例、横断的な連携

4.生成AI活用事例の最新情報

5.ビジネス成果の創出


上記の中でも特に2つの成果が大きいと思っています。


1つ目は「研修期間内でのビジネス成果の創出」です。研修期間2ヶ月間の中だけでも、実際の成果として、参加者の担当業務で30%削減できた事例など、様々な業務効率化の成功事例が生まれました。

2つ目は参加者全員の「ChatGPT活用スキルの向上」です。参加者のリテラシは研修スタート当初はまちまちでしたが、研修を通じ、
・ChatGPTがそもそもどんな業務で使えるか
・プロンプトの効果的な作成方法
・ChatGPTとの対話を通じた回答品質アップ
など、基本的な使い方から応用技術までをマスターすることができました。

■ChatGPT推進の現状はいかがでしょうか?

導入から数ヶ月の間に約500時間の業務時間削減という結果が出ています。月ベースで見ても、毎月200時間の工数削減も実現できており、取り組みに対して高いROI(費用対効果)が出ていると思っています。


さらに、ChatGPTの導入により、デジタルリテラシーのスキルアップにも寄与しています。以前はExcelマクロを使ったことがない社員が、ChatGPTを使って独力でマクロを設計した事例などが生まれています。生成AIをきっかけに、別のITツールの活用が進むという良い効果を感じています。

■研修後の展開を教えていただけますか?

■研修後の展開を教えていただけますか?

■研修後の展開を教えていただけますか?

まずは「自社データを使った生成AI活用」を準備しています。今回の検証期間内に、多くの社員から「自社のデータを用いた、具体的な回答が得られるようにしてほしい」という要望が寄せられました。自社が保有するデータをChatGPTと組み合わせることで、より質の高い情報提供を実現することを考えています。


もう1つは、ChatGPTの利用者をさらに拡大することです。特に経営陣や管理職層がChatGPTを活用し、業務成果が出せる状態にしたいと思っています。


名古屋鉄道様のChatGPT活用事例を

もっと詳しく知りたい方へ

名古屋鉄道様のChatGPT活用事例を

もっと詳しく知りたい方へ

導入したChatGPT研修では、どのような効果を感じられたのか。

名古屋鉄道様のインタビュー動画をご覧いただけます。

導入したChatGPT研修では、

どのような効果を感じられたのか。

名古屋鉄道様のインタビュー動画を

ご覧いただけます。

導入したChatGPT研修では、どのような効果を感じられたのか。名古屋鉄道様のインタビュー動画をご覧いただけます。

名古屋鉄道様のインタビュー動画を見る

名古屋鉄道様のインタビュー動画を見る

名古屋鉄道様の

インタビュー動画を見る

生成AI・ChatGPTを活用して新たな価値を創造しませんか?

お気軽にお問合せください

生成AI・ChatGPTを活用して

新たな価値を創造しませんか?

お気軽にお問合せください

生成AI・ChatGPTを活用して新たな価値を創造しませんか?

お気軽にお問合せください

事例一覧

名古屋鉄道株式会社様

約500時間の業務時間削減!ChatGPTの導入により、デジタルリテラシーの向上も。

名古屋鉄道の事例を見る

東日本税理士法人様

日々の業務でChatGPTが活躍!スタッフ全員が理解を深め、成果を上げています。

東日本税理士の事例を見る

エコワークス株式会社様

6部署にChatGPTを導入、推進3ヶ月で「毎月50時間」の工数削減に成功!

エコワークスの事例を見る

アコム株式会社様

現場を巻き込んだアイデアソン&研修で、ChatGPTの業務利用を促進!

アコムの事例を見る

株式会社日本能率協会マネジメントセンター様

生成AIを活用した業務フロー抜本改善や新サービス検討を並走支援。

JMAMの事例を見る

株式会社サテライトオフィス様

生成AIの研修・活用支援サービスを共同開発。生成AIイベント登壇によるマーケ支援。

サテライトオフィスの事例を見る

株式会社FIXER様

生成AIイベント登壇やYouTube発信により、サービス認知やプロンプトエンジニア採用に貢献。

FIXERの事例を見る

株式会社ライトアップ様

生成AI研修を共同開発し、数十社以上のAI活用促進を実現!

ライトアップの事例を見る

株式会社メンバーズ様

生成AIタスクフォースの立ち上げ支援。顧客向けの生成AI支援サービスを共同開発 !

メンバーズの事例を見る

ビッグローブ株式会社様

業務プロセスにおけるChatGPTプロンプト設計&研修での知見共有。

ビッグローブの事例を見る

NTTアドバンステクノロジ株式会社様

開発・ビジネスの両面での実践的な生成AI活用法を共有

NTT ATの事例を見る

第一実業株式会社様

ChatGPTの業務活用の最新プラクティスを把握

第一実業の事例を見る

株式会社日本経済新聞社様

日本経済新聞社のBtoB営業や新サービス開発での生成AI活用を促進

日本経済新聞社の事例を見る

株式会社リンネット様

ChatGPTチームプラン、GPTsの活用可能性を整理し、実践的なGPTsを作成

リンネットの事例を見る

事例一覧

名古屋鉄道株式会社様